主婦がカードローンを組む

何かとお金のやりくりに頭を悩ませる主婦にとって、カードローンの存在は頼りになります。借入れは繰返し可能で、最寄りのATMでカードを入れるとすぐにお金が引き出せます。

 

カードローンには限度額が設定されていて、借入残高が限度額を超えない範囲であれば繰返し何度でも借入れ可能です。そのため、カード1枚あれば、大抵のお金の悩みに対応できます。

 

しかし、サラリーマンと違って主婦の場合には借入れ先や金額などに何かと制限がついてきます。主婦こそ、カードローン選びがとても重要になってきます。

 

 

主婦にも2種類ある

カードローンと主婦で考えた時には、主婦は大きく2つのタイプに分類されます。パートなどの収入がある主婦と、自身に収入のない専業主婦です。カードローン契約では年収などが審査において重要になるので、働いているかどうかで扱いが全く異なります。

 

パートであっても収入がある主婦ならば、意外と申込みできるカードローンは多いです。しかし、専業主婦の場合、申込みできるカードローンは一気に減ってしまいます。パートの主婦と専業主婦では、扱いが全く異なる点には注意が必要です。

 

パートの主婦の場合

パートであっても、働いて収入を得ているのであれば、申込みができるカードローンはたくさんあります。大手消費者金融は全て、パートやアルバイトであっても申込みが可能です。もちろん主婦であっても、申込みできます。正直な所、金利が高いのが消費者金融のカードローンの難点ですが、それ程気にする必要はないかもしれません。

 

消費者金融の場合、年収の1/3を超える金額のカードローンは組めません。これは総量規制という法律による規制なので、どこの消費者金融でも同じです。パートの主婦の収入の多くは、扶養の関係もあり、それ程多くありません。つまり限度額もそれ程大きくはなりません。

 

たくさん借入れできないのであれば、金利が多少高くても、かかる利息もそれ程多くはありません。それならば金利よりも手軽さを取って、敢えて消費者金融を選ぶのもありです。

 

また、カードローンが初めての主婦にとっても、大手消費者金融には女性専用の相談窓口などのサービスが充実しています。手続きに不安がある主婦でも、手軽に相談できるのは大きな強みです。

 

その他、女性の専用サービスは設けていないとしても、安心して借りられる女性にも人気のカードローンがあります。パート主婦で自身で安定した収入をお持ちであれば利用ができるオリックス銀行のカードローン利用は、はじめてお金を借りる方でも安心で人気です。

 

専業主婦の場合

専業主婦の場合、消費者金融のカードローンは基本的に断られてしまいます。総量規制によって年収の1/3を超える金額の貸付けは行えません。例外措置として、配偶者の同意があれば、配偶者の年収をもとに貸付けを行えます。

 

しかしそれは法的な話であって、消費者金融側は専業主婦である時点で申込みを断っているのが現状です。そのため専業主婦の場合には、消費者金融以外のカードローンを探す必要があります。

 

専業主婦がカードローンを組む特に人気なのが銀行系のカードローンです。専業主婦の場合、そもそも銀行系を除くと借入先が少ないのもあります。それだけではなく、消費者金融よりも銀行の方が、金利が低めに設定されています。

 

また、一昔前と比べると申込みが簡素化している点も、人気の理由です。銀行であってもインターネットから簡単に申込みができたり、即日融資に対応していたりと、消費者金融顔負けのサービス展開は強みの1つです。

 

主婦のカードローンの限度額

パートの主婦であっても専業主婦であっても、カードローンの限度額はそれ程高くありません。例えばアコムでは最高限度額500万円ですが、主婦でも500万円借りられるわけではありません。消費者金融なら年収の1/3までという縛りがあります。年収100万円の主婦でも、限度額は30万円程度となります。

 

銀行のカードローンの場合には、年収の1/3を超えていても規制にはかかりません。しかし、主婦の限度額は少な目にされているカードローンが多いです。銀行系カードローンの、主婦の場合の限度額は10万円~50万円程度が目安となります。

 

専業主婦対応のカードローンとして代表的なイオン銀行カードローンでも、やはり専業主婦の方は50万円までに制限されています。利用にあたっての注意点や基本情報は専業主婦に人気のキャッシングローンで確認をしてください。